• HOME
  • 兵庫県建築士会豊岡支部規約


    (名称)
    第1条この会は兵庫県建築士会豊岡支部(以下「この支部」という)と称する‘
    2この支部の区域は豊岡市とする。
    (事務所)
    第2条この支部は、事務所を豊岡市におく‘
    (目的)
    第3条この支部に属する会員の福祉の増進に寄与することを目的とする‘
    (事業)
    第4条この支部は、前条の目的を達成するために必要な事業を行なう‘
    (会員の所属)
    第5条支部会員は区域内に住所又は勤務先を有する建築士及び建築士法による登録の資格を有す
    る者で原則として、この支部に属するものとする。
    (会費)
    第6条支部会費は年額3,600円とする。
    2会員は、会費を納める。
    (役員)
    第7条この支部に次の役員を置く。
    支部長1 名
    副支部長若干名
    支部理事若干名
    支部監事2 名
    2支部理事のうち若干名を支部常任理事とすることができる。
    (役員の選任等)
    第8条前条の役員は、この支部に属する正会員のうちから支部理事会の推薦を受け、支部総会で承
    認する。
    (役員の職務)
    第9条支部理事は、支部理事会を構成し、この規約で定めるところにより執行する。
    2支部長は支部を代表し、支部の会務を総理する。
    3副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故あるときは支部におけるその職務を代行する‘
    4支部理事は支部の会務を掌理する。
    5支部監事は支部の事業及び経理を監査する。
    (会議)
    第10条支部総会は、この支部の会員をもって組織し、毎事業年度の終了した日から45日以内に開く
    ものとし、支部長がこれを招集する。
    2支部長は支部理事会の決議を経て、支部臨時総会を招集することができる。
    3この規約で定められるもののほか、次に掲げる事項は支部総会の議決を得なければならない。
    (1)規約の制度及び変更
    (2)事業計画
    (3)予算及び決算
    (4)財産の設置及び処分
    (5)この支部の解散及び精算
    (6)前各号に掲げるもののほか、支部理事会で必要と認めた事項
    4支部総会の議決は、支部会員1名につき1個の議決権に基づいて、支部会員の議決権の2分の
    1を有する支部会員が出席し、出席した当該支部会員の議決権の過半数をもって行う。支部総
    会の議事については、支部総会の中から選出された議長及びその会議に出席した支部会員の
    うちから選出された2名の記名押印による議事録を作成しなければならない。
    5支部理事会は支部長、副支部長及び支部理事で構成し、支部長がこれを招集し、会務の執行
    に必要な事項を掌握する。
    6支部理事会の議決は、決議について特別の利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席
    し、その過半数をもって行う。支部理事会の議事については、出席した支部長及び監事記名押
    印による議事録を作成する。
    (委員会、部会)
    第11条この支部は、事業を推進するため必要があるときは委員会又は部会を設けることができる。
    (会計)
    第12条
    この支部の経費は、支部会費、支部等事業活動費、その他の収入をもって支弁する。
    この支部の事業年度は毎年4月1日に始まり翌3月31日に終わる。
    支部長は毎事業年度の終了した日から45日以内に収支決算書、事業報告書、年度末現在
    における財産目録及び貸借対照表を作成し支部総会に提出しなければならない。
    附則
    1この規約は平成25年4月1日から施行する。
  • HOME